微小循環観察用スコープ

微小循環画像用顕微鏡のKKテクノロジー

英国 KKテクノロジー社

微小循環観察用オールインワンの顕微鏡システムを開発・製造

実体顕微鏡で行われていた毛細血管の観察をPCソフトによる画像の取込みから解析、垂直方向の毛細血管からの流速測定を行う研究機器の開発を行い、1996年以来オールインワンの顕微鏡システムを世に送り出してきました。形態観察から様々な測定を行える最新のソフトウェアに特に定評があり、基礎医学系や化粧品研究分野において多くの実績があります。
 

開発の背景

毛細血管を実体顕微鏡等で拡大し画像から血球の速度、血管径の距離等を計測することは長い間個別の研究者の手で行われてきました。古くは顕微鏡にカメラを組み合わせて、1枚1枚の写真から手作業による計測が一般的でした。
顕微鏡、ビデオ関連機器等の開発が進んだ80年代になると顕微鏡の画像をビデオテープに保存しコンピュータによる計測用ソフトを使用する試みも始められました。これらは全て既存のものを各々の研究者の工夫により組み合わせて行われており、多くの場合必要以上にコストがかさみました。また「寄せ集め」的要素も強く、性能にバラつきや充分な機能が備わっていないものが多く見られました。加えて当時は爪根部や実験動物での腸間膜等の画像しか満足に取込むことはできず、表皮から無侵襲に撮影を行うことはできませんでした。
このような背景を踏まえ、今までの諸問題を解決するため1996年に最初のオールインワンシステムが開発されます。画像は全てPCに直接取込みそのまま解析が行われるようになり、無侵襲の測定に加え、測定できる範囲は飛躍的に広がりました。
 

基礎研究用機器

カタログダウンロード

 
HOME | KKテクノロジーズ社 TOP