キーストンサイエンティフィック株式会社 ホームページ

NEW ARRIVAL

肌画像解析システム AURORA

<コラーゲン測定装置 Dermo>の販売を開始します。

2018.09.27

化粧品の研究開発向けに<コラーゲン測定装置 DERMO>の販売を開始します。


肌画像解析システム AURORA

拡散セルでの使用を考えたピペットとピペットチップの販売を開始します。

2018.09.06

拡散セルでの使用を考えた100μl -1000μl用のピペットとピペットチップの販売を開始します。
 
ピペットチップは柔軟性のある3つのパーツから成る設計になっています。先端部分はフランツセルの中央部分に挿入でき、正確なサンプリング可能にします。
 
新たに試験を始められるために弊社でセルをご購入いただく皆様に試供品のピペットチップ(5個入りパック)を無料で進呈します。


肌画像解析システム AURORA

<多目的LB膜作製装置 MicroTrough G1>の販売を開始します。

2018.08.10

5月に販売を開始した<多目的LB膜作製装置 MicroTrough G2>に加え、主に教育機関での使用に適した多目的LB膜作製装置 MicroTrough G1>の販売を開始します。小型で場所を取らずG2同様にディツパーの動きをプログラムすることでおよそ2.5cmまでのサブストレート(ガラス板)にLB膜を自動で作製することができます。


肌画像解析システム AURORA

<肌画像解析システム AURORA>の販売を開始します。

2018.07.24

化粧品の販促やサロンでのコンサルティング向けに<肌画像解析システム AURORA>の販売を開始します。


LEX820単繊維自動引張試験システム

<LEX820単繊維自動引張試験システム>の使用が弊社内で可能になります。

2017.05.30

主にカーボン単繊維、セラミック単繊維の試験に使用する<LEX820単繊維自動引張試験システム>の弊社内でのトライアルを7月より開始します。今後ご購入を検討されるお客様を対象にデータ取りをサポートします。


3次元皮膚画像解析装置顔画像

<3次元皮膚画像解析装置 EvaSkin-S5 125>を展示します。

2017.05.30

主に顔のシワ、ファインライン、毛穴等の測定・評価に使用する<3次元皮膚画像解析装置 EvaSkin-S5 125>の発売を開始しました。五月に行われるCite Japan 2017にて展示予定です。また今後ご購入を検討されるお客様を対象にデータ取りもサポートします。


C-Cubeの3D機能

C-Cubeにオプションの3D機能が追加されました。

2017.01.04

今までの2Dでの色校正画像に加え、オプションでの3D機能が追加です。3Dの画像取得に加え、任意で同時に2Dデータの取得も可能となります。同じ部分の測色に使える画像と3D解析に必要な画像が一度の撮影機会で取り込み可能になります。

NEWS

ピクシエンス社ロゴ

フランス Connected Physics社と販売店契約を締結しました。

2018.09.01

フランス Connected Physics社の輸入販売総代理店を開始しました。当該ブランドのVARENNE Technologiesのコラーゲン測定装置Dermoの販売を始めました。

 

EOTECH社ロゴ

DermaTOP Blueに関する重要なお知らせ

2017.07.21

 

DermaTOP Blueに搭載されるBasler社製カメラmodel A102fのサポートと部品供給を含む修理サービスが2019年3月で終了致します。
 
なおカメラ以外の部分については従来通り修理が可能ですが一部純正品での修理が困難な場合も出てくることを予めご了承ください。

 

ピクシエンス社ロゴ

フランス ピクシエンス社と販売店契約を締結しました。

2015.012.01

色校正された高解像画像を簡単に取り込んで計測ができるのC-Cubeの販売を開始しました。

 

デルフィン・テクノロジーズ社ロゴ

デルフィン・テクノロジーズ社製 VapoMeter SWL4000シリーズの生産中止について

2015.08.20

既にお伝えしています通り、「ポータブル水分蒸散計 VapoMeter」に関しては最新のSWL5000シリーズが2005年7月より発売されました。これに伴いそれまでのSWL4000シリーズは2005年8月で生産が終了します。 SWL4000シリーズについては修理や校正サービスについてはこれまで通り行って参ります。なお補修用部品の保有期間は生産終了後から通常7年を基準としていますので、これ以後については部品在庫終了と同時に修理を終了させていただきますので、あらかじめご了承ください。
 
またそれ以前のSWL2000、SWL3000シリーズについては既にほとんど補修用性能部品が残っておりません。そのため、修理の可否につきましては、実際に実機を拝見して判断させていただいております。ただし、予め内容により既に部品がなく修理が不可能とされる場合は大変恐縮ですが修理受付をお断りしています。

 

PermeGear社ロゴ

フランツセルを含む一部自動システムの生産終了に関して

2014.08.15

ガラス製セルを使用する自動システムの生産を8月にて終了します。またインランセルを使ったものについても12連を含む部分について生産が終了します。今後は7連の<ILC07>のみの展開となりますのでご了承ください。なお既にご購入頂いていますシステムの消耗品、アクセサリーの供給は引き続き行って参ります。

 

 
HOME